日本語 作法

TeX ディストリビューション

TeXエンジン

現在日本語組版ができる処理系のうちメジャーなものは以下の通りである.

日本語での組版するときのおすすめ順は,LuaTeX, upTeX, pTeX, XeTeX, pdfTeXである.

LuaTeXは現在TeXコミュニティでフラグシップのTeX処理系であり,日本語組版の開発も活発です. とくにフォントとPDF関連の機能はLuaTeXが最も充実しています.インターネット上にあるテンプレートを使用しない場合は 迷わずLuaTeXで十分なことが多いです.

upTeXは日本においてpTeXに続いて使用人口の多いと推定されるTeX処理系である. pTeXのほぼ上位互換であり,Unicodeを使用できるpTeXであることから従来のpTeXを対象に作られた資産の移行先として有望である. また,LuaTeXは依然として他のTeX処理系よりレンダリング速度が遅いので,巨大なドキュメントを頻繁にコンパイルするような環境では upTeXを使うと開発が快適になるかもしれない.しかし,内部エンコーディングがpTeXと異なるので,いくつかのクラスファイルは upTeXに移行できない.

pTeXは日本において最も使用人口の多いTeX処理系である. もっとも古くから使用されていることから,ほとんどのTeXの資産がpTeXで使用できる. 内部エンコーディングがUnicodeではないため,直接レンダリングできない文字がある. 手っ取り早くドキュメントを作る場合は,pTeXがもっともトラブルが少ないかもしれない.

XeTeXは海外でよく使われているTeXの処理系です.システムのフォントを簡単に使用できるのでフォントにこだわる人はXeTeXも良い選択肢である. しかし,XeLaTeXで使用される日本語用のドキュメントクラスは,十分な禁則処理を実装しきれておらず,貢献者を募っている状況がある.

pdfTeXは海外で最も使用人口の多いTeX処理系である. もっとも古くから使用されていることから,ほとんどのTeXの資産がpdfTeXで使用できる. 内部エンコーディングがUnicodeではないので,適当な処理をせずに直接pdflatexを使って日本語のドキュメントをコンパイルしようとすると, 失敗する.またpdfTeXの日本語用のドキュメントクラスも,十分な禁則処理を実装しきれておらず,貢献者を募っている状況がある.

ドキュメントクラス

日本語ドキュメントクラスはjclassesjsclasses, ltjsclasses, Bxjsclsがある.

jsclassesjclassの後継であり,日本でもっとも使用されているドキュメントクラスである. このドキュメントクラスは,pTeXとupTeXでコンパイルできる.

ltjsclassesjsclassesをLuaTeXでコンパイルできるように改変したもので, フォント等の部分でLuaTeXの機能が十分に発揮できるように機能が追加されている.

BxjsclsjsclassesをpTeX, upTeX, pdfTeX, XeTeX, LuaTeXなどでコンパルできるように改変したものである. クロスプラットフォームなので,テンプレートを作ったりする分には便利かもしれない.

とくに理由がなければ,jsclassesltjsclassesを使用するTeX処理系によって選べばよい.

本文組版の際の書体について

結果コマンド意味
立体\textrm{立体}本文の通常の書体
太字\textbf{太字}見出し用の書体
イタリック\textit{イタリック}欧文の強調用の書体,書名用の書体
斜体\textsl{斜体}イタリックの代替
スモールキャピタル\textsc{スモールキャピタル}
サンセリフ\textsf{サンセリフ}見出し用の書体
Typewriter\texttt{Typewriter}計算機の入出力
明朝体\textmc{明朝体}本文の通常の書体
ゴシック体\textgt{ゴシック体}強調,見出し用の書体

Beamer

通常のbeamerドキュメントクラスにluatexjaパッケージを読み込むことで,日本語でBeamerドキュメントを作ることができる.

参考文献